CSR

屋根のカナメサイトの今見ているページ 屋根のカナメHOME 会社案内:CSR

カナメのCSRへの取り組みをご紹介

 
 

顧客満足のために


打ち合わせ事項の共有
お客さまのご要望、ご意見を正確に捉えるため、お打ち合わせの際には複写式の記録簿を使用し共有いたします。
季節毎にお便りを郵送
お楽しみ情報や新商品・点検のアドバイスなどを掲載した情報誌『カナメディア』をお客様に定期的にお届けしています。施工後こそお客さまとの絆を大切にしております。
施工後のフォロー
工事完了後アンケートを実施、その後も定期的に訪問いたします。その際には、チェックリストを活用し不具合やご要望などをお伺い致します。

  

安全管理徹底のために


 
ヘルメット・安全靴・安全帯着用
職人・工事管理等は必ずヘルメット着用、安全靴・安全帯の装備を徹底し事故発生を防ぎます。

現場の整理整頓
工事中は常に現場を整理整頓し、事故に繋がることを未然に防ぎます。

安全教育、共有化
年に1回、安全衛生委員会・安全大会を行い、現場での作業の安全性・効率性を共有し無事故・無災害の徹底、効率アップを目指します。
 

品質維持向上のために


 
熟練職人と品質管理
ISO9001に基づいた施工業者会「カナメ会」による品質管理で、熟練の職人が責任をもって施工します。

品質チェック
お引き渡し前に徹底した品質確認検査を行い、お引き渡し致します。

現場安全パトロールの実施
担当者・管理者による定期的な現場パトロールにより品質・安全面をチェックしています。
  
 

環境貢献のために


ゴミは持ち帰り処分
施工現場で発生するゴミ・産業廃棄物は、随時分別清掃を致しております。現場を常に清潔に保つことにより、美観に配慮すると共に事故の予防にも繋がっています。
社員みんなでエコ活動の実施。
夏はクールビズを取り入れ、冷房温度は28℃に設定、冬は暖房の設定温度を20℃にするウォームビズを行っています。また、電気の使用量警告灯を設置し、こまめな節電運動も実施しております。
LED照明の導入
本社の事務所フロア、喜多方の事務所フロア、喜多方工場内の照明に環境に優しいLED照明を導入。さらに照明の間引き点灯も実施し省エネに努めています。



省エネ製品、太陽光発電製品の普及促進
屋根の断熱効果を高めて冷暖房エネルギーを抑制しCO2排出削減に貢献する商品や、屋根の製造・施工で培ったノウハウを基に開発したオリジナルの太陽光発電関連製品を通じてスマートエネルギーの普及促進を進めております。
太陽光発電事業への参入
『社業を通して社会に貢献する』の理念のもと、2012年12月より自社施設においても太陽光発電事業を開始。本社を含む、栃木県、福島県の5施設屋根の計335kW、年間発電量34万kW規模で、年間108トンのCO2削減となっております。(杉の木7,737本分のCO2吸収量に相当)

 

地域貢献のために


地域清掃活動
毎月1回、社長を始め本社社員全員で社屋周辺の歩道や緑地帯の清掃活動を行っております。
社会体験研修受け入れ
毎年、地域の学校教員の社会体験研修を受け入れ、次世代の子ども達への教育向上のお手伝いをさせて頂いております。
地域スポーツ支援
地元のプロサッカーチーム栃木SCをオフィシャルスポンサーとして支援。ホームでの『カナメスペシャルマッチ』も開催。
地域活性化イベントへの参加
栃木県経済同友会の会員企業として、様々な地域活性化イベントに積極的に参加しております。


YMCAチャリティー協賛
毎年6月頃に行われるとちぎYMCA主催「ハンディキャップをもった子供達を支援し、笑顔のために」をモットーにしたチャリティーランにチーム参加しております。


 
 

社員満足のために


 
自己実現の道場
年に1度、社員一人ひとりが年間・将来の目標を設定し発表します。会社を人間錬成の道場とすることで自己実現を促しています。

全員が気づきを提案
月に1回、社員全員が日々の業務や生活で気がついたことを提案。現場の声を取り入れ業務改善に役立てています。

国内・海外研修旅行
年に数回、旅行やレクリエーションを行うことで、心身リフレッシュすると共に社員の親睦を深めています。