2019.01.29 カナメソーラールーフは最初から太陽電池と不燃材を一体化してある製品です。火災延焼のリスクがございません。

屋根のカナメサイトの今見ているページ 屋根のカナメHOME カナメからのお知らせ一覧 2019.01.29 カナメソーラールーフは最初から太陽電池と不燃材を一体化してある製品です。火災延焼のリスクがございません。

2019.01.29 カナメソーラールーフは最初から太陽電池と不燃材を一体化してある製品です。火災延焼のリスクがございません。

 
他社製の屋根一体型太陽電池の延焼リスク報道について
 

ニュース報道
「 不燃材のない一体型太陽電池、住宅火災の延焼リスク 」
https://www.asahi.com/articles/ASM1W6CTYM1WUTIL01T.html
が報道されました。
 
弊社カナメソーラールーフでは不燃材(ガルバリウム鋼板)が最初から付いております。万が一の配線ショートの際にも延焼の心配がございませんので、ご安心してご使用頂けます。
 
 
本製品は開発当初から屋根としての不燃性を追求しており、
パネル下に不燃材であるガルバリウム鋼板が隙間なく設置されている構造です。
金属屋根メーカーとして屋根の延焼防止、雨漏り、耐久性を最も重視したコンセプトで開発された製品となっております。
パネル出火の際にも、住宅への延焼・火災への危険を抑制できる製品です。
 
 
他社の屋根一体型太陽電池の施工とは違い、
カナメソーラールーフではパネルと不燃材(屋根材)を工場にて一体型化して出荷
しております。
そのため、不燃材がパネル下に隙間なく配置され、施工技術者による不燃材設置ミスも一切ない製品です。
 

 
  
各種お問い合わせは下記よりご連絡下さい。
 
カナメ本社 電話 028-663-6300
東京営業所 電話 03-3562-0651
 

【メール問い合わせは、こちら