2020.09.03【災害時の太陽光発電システムの取り扱いについて】

屋根のカナメサイトの今見ているページ 屋根のカナメHOME カナメからのお知らせ一覧 2020.09.03【災害時の太陽光発電システムの取り扱いについて】

2020.09.03【災害時の太陽光発電システムの取り扱いについて】

大型台風10号が、今週末より九州本土に最接近するる恐れが出ています。先日の台風9号よりも大きく荒れる予報も出ており影響が心配されます。

今後の気象庁による台風情報を随時ご確認して頂くとともに、破損した太陽電池の取り扱いについてのお問い合わせ先、
及び停電時に備えての「自立運転機能」の操作方法を、現時点で確認しておくことをお奨めします。

  
万が一、破損した太陽電池の取り扱いについてのお問い合わせ先、及び停電時に備えての「自立運転機能」の操作方法につきましては、
下記よりご確認お願い致します。
  

停電に伴う住宅用太陽光発電システムの自立運転について
太陽光発電システムを設置されている方は、停電時でも「自立運転機能」により、太陽電池モジュールに太陽光が当たっている時は一定量の電気を使うことができます。
「自立運転機能」の使用方法はメーカーや機種によって操作方法が異なる場合があります。お持ちの取扱説明書をご確認頂くか、下記URLからのリンク先の情報を参照して下さい。
尚、停電時に備え、平常時にあらかじめ「自立運転機能」の操作方法を確認しておくことをお奨めします。

◆住宅用太陽光発電システム 停電時の自立運転について◆
JPEA 太陽光発電協会
http://www.jpea.gr.jp/topics/jiritsuunten.html

◆太陽光発電の賢い使い方◆
環境省 
https://www.env.go.jp/earth/info/pv_pamph/full.pdf
  

災害等で破損した太陽電池の取り扱いについて
住宅等に設置されていた太陽電池モジュールが震災で破壊され、家屋などのがれきと共に堆積しているような場合でも、太陽電池モジュールに太陽の光が当たっている時は、発電している可能性があり、素手などで触れると感電をする可能性があります。

太陽電池モジュールが震災で破壊された家屋に残っている場合、あるいは、破壊されて屋根から外れて、がれきとなって堆積している場合は、
絶対に自己判断で対応せず、まずは各メーカーへお問い合わせ下さい!

 

【モジュールメーカー相談窓口】
 
●ハンファQセルズジャパン(株) 
℡ 0120-322-001 
https://www.q-cells.jp/notice/20180907_1
 
●ソーラーフロンティア(株)
℡ 0120-55-8983
http://www.solar-frontier.com/jpn/residential/products/attention.html
 
●カナディアン・ソーラー・ジャパン(株)
℡ 0120-020-332
 
●日立グローバルライフソリューションズ(株)
℡ 0570-007-100
 
●サンテックパワージャパン(株)
℡ 0120-303-616
https://www.suntech-power.co.jp/products/caution.html